2017年12月12日

年末年始の営業について

師走に入り、皆さまお忙しいことと存じます。
本日は雪もチラチラと舞い、寒い一日でした。

さて、年末年始の営業時間について下記の通りお知らせ致します。
ほぼ例年通りではございますが、お間違えの無きよう宜しくご承知ください。

◆ 旅館
 12月28日(木)まで通常営業
 12月29日(金) から 1月2日(火) まで 休業
  1月 3日(水)より通常営業

◆ 日帰り入浴(通常営業 11:00〜21:00受付、22:00閉館)
 12月30日(土) まで通常営業
 12月31日(日)は 10:30〜18:00受付、19:00閉館
 元日は 休業
 1月2日(火)より通常営業
(12/15修正)

以上、よろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください。



ラベル:年末年始
posted by 三宜亭本館 at 16:51| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

女将のひとこと

【紅葉湖へ…】

先日の休みに箕輪町の「箕輪ダム」通称「紅葉湖(もみじこ)」へ行ってみました。

数年前から大阪の旅行業者さんが気に入って、ほぼ毎年この時期(10月末から11月始め)に来られて『紅葉湖へ行ってきたよ〜♪ 真っ赤で真っ黄色ですごく綺麗だったよ。』ってお聞きしていて、一度は行って来たいな。どんなもんでしょう?と思っていたのです。
そこで、わんこと一緒に行ってきました。飯田からは中央道を使って1時間少々で着きました。

山道は狭く、それでいて対向車が多いので充分注意しながらダム湖畔を進みます。途中大型バスなんぞが来たりして「えっ、えぇ〜っ!」ですが、そこは山育ちの私めは問題なくかわしながら、湖畔に連なる紅葉(もみじ)の黄色や真っ赤な色に感動しながら進みます。本当に美しい色なんです!
このダム湖は縦に長く奥が深いので結構長い距離、山付けまで進めます。一番奥には大型バスの駐車場もあり、バスが4台ほど停まっていました。勿論乗用車はいっぱいでした。

赤が多い紅葉にはなかなかお目に掛かれません。遠山郷の黄色の中にポツンポツンとある「ナナカマド」の真紅の美しさも素晴らしいのですが、ここの赤・赤・赤の紅葉が太陽の光に反射して、また時には透き通るように輝く様は言葉を失います。「き・れ・い」絶句!っていう感じです。DSC_0266.JPG

山頂から山裾まで繋がる紅葉は全部で1万本とか。この箕輪ダムが出来た時に人々に末永くこの場所を楽しんで貰えるようにと町の方々が植えられたということでした。そのお陰で多くの人が楽しませていただいています。

ツーリングの若者も多くいましたが、なんとシルバーさん方の多いこと。皆さん健脚で坂道も苦も無く歩いて紅葉狩りを楽しんでおられました。平和な日本です。是非皆さんも尋ねてみてください。感動すること間違いなしです!

DSC_0258.JPG




>>続きを読む
posted by 三宜亭本館 at 20:34| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

女将のひとこと

「南信濃村・・・遠山郷の紅葉」

先月の10月15日台風の迫る日にわざわざ遠山郷へ行ってきました。

本当は紅葉を愛で、夜は満天の星空を期待して…の積りだったのですが、何せ‟雨女”の娘と、その友人と一緒に行ったものですから、そこは期待通り(?)の大雨で2日間とも雨に祟られました。
それでも最初の日は雨間があったので…頂上付近では素晴らしい紅葉と眼下に広がる「雲海」を堪能してきました。
DSCF6920.JPGDSCF6931.JPG

初日は「ハイランドホテルしらびそ」に早めにチェックインした後、小雨の中、「折角来たのだから…」と、遊歩道散策をして「御池山展望台」まで行ってきました。山の、殊に秋の夕暮れは、つるべ落としですから早めにホテルへ戻り、大浴場に浸かり、その後は「ジビエ料理」に舌鼓!ホテルのスタッフの皆さんはとても親切で感じよく、ゆっくりとホテル気分を楽しむことが出来ました。

夜中中大雨で、それでも「今日こそは?」と期待したものの、翌日も朝からビシャビシャと降っています。
美味しい朝飯をお腹いっぱい頂いて早々にチェックアウト。本来なら素敵なホテルの前庭辺りでゆっくり景色を堪能するところなのに。車で下って来ました。飯場亭の駐車場に車を停めて…小雨の中、意地でも下栗のビューポイントまで遊歩道を歩き、「さあ着いた!さて眺めは???」…と…真っ白な霧の中やはり何も見えない。なかなかできない面白い体験でした。
「次回こそは晴天時に遊歩道を歩き、夜には満天の星空を堪能するぞ!」と心に決めて下山してきました。

その2週間後に再度下栗を訪ねた時は上天気でした。いつ行っても素晴らしい、愛してやまない遠山郷です。
DSC_0247.JPG
DSC_0245.JPG

posted by 三宜亭本館 at 21:11| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

重要なお知らせ「外来入浴ご利用時間の変更!」

日頃は天空の城「外来入浴」をご愛顧くださいまして誠に有難うございます。

大切なお知らせです

平成29年12月1日(金)より、外来入浴の受付時間が変更となります

[朝] 11:00 より受付開始

[夜] 21:00 受付締め切り

[終了時間]22:00 完全終了

以上宜しくご協力のほどお願い申し上げます

posted by 三宜亭本館 at 17:00| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

女将のひとこと

『秋到来!!』

夏の終焉、昼間のセミの喧騒から、夕方からの「虫の音」に代わってきた今日この頃です。
外ではこおろぎがチリチリ、リ、リ、リ、リ…と大合唱。
家の中では、ある方から頂いた「鈴虫」が、リ〜〜ンリ〜〜ンとこれまた負けじと大合唱!夜中までどころか朝まで鳴いています。

夜空の月も冴え冴えと美しく、クーラーも暖房も要らないいい気候です。

八百屋さんの店先には、巨峰は言うに及ばず、ナイアガラや、比較的新しい品種のナガノパープル、シャインマスカットなど、果皮まで食べられる甘くおいしい葡萄や、りんご、そして柿が並んでいます。

飯田市街のリンゴ並木には、「シナノスイート」「秋映え」「ふじ」「国光」「ニュートンのりんご」まで真っ赤に色づき、たわわに実って収穫の時を待っています。

真っ青な空にはうろこ雲やほうき雲が…。良い時季ですねぇ!♫

暑くもなく寒くもなく行楽には最高の気候です。
どうですか?ちょっとそこまで出かけてみませんか??


posted by 三宜亭本館 at 20:50| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

おひさしぶりっす! 1年に1回 この日に出没!

あれから、もう一年が経過したのですね。
竹宵まつりの日だけ投稿するのが趣味になりました
へんてこりん フロントMAN Mr 鈴木 です。
  
一年に一回、飯田市で開催される竹宵まつり。

おさらいですが
『竹宵まつりとは・・・』
たまには、夜の電気を控え、蝋燭の灯火でスローなナイトを!
というコンセプトだそうですが

IMG_0577.JPGIMG_0577.JPG

私、飯田に来てから6年。自宅には、テレビもなし、冷蔵庫もなし
月々の電気代は千円を超えないこともよくあります。

でも、不思議ですよね。昔はテレビっ子で、テレビがなければ生きていけなかったのに。

人間て、全ての物がというわけではありませんが。無くてもどうにかなるものって結構あるんですよね。

我慢できるもんです。

わたくし、人生の折り返し地点を確実に過ぎました。
スローなナイトもいいけれど、スローなライフもいいかもね

   
43才独身 昨年は『ときめきてー』とほざきましたが
   

ことしは・・・ やっぱり『としとりたくねー』とほざいてみます

   IMG_0564.JPG
ラベル:竹宵まつり
posted by 三宜亭本館 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

女将のひとこと

『きのこ王国』

お休みに伊那スキーリゾートにある『きのこ王国』に行ってきました。
ゴールデンウィーク明けのそれも月曜日ということで…私たち2人と家のわんこだけのちょっと寂しい日でしたが、ゴールデンウィークは非常に忙しかったそうです。

ですから、私たちと同じように今がお休みのスタッフさんが大勢ですね。
そんなわけで貸切状態でした。
広いゲレンデを思う存分散歩できた家のわんこ白柴の「バニラちゃん」は大喜び。ちょうどこの施設にも人懐っこい「北海道犬」が2匹居ました。

ひとしきり散歩した後で、キノコ狩り初体験!(勿論わんこは中へは入れません。外へつないで。)

案内されて施設に入ると、何と何と芳しいきのこの香りの中に美しい黄金のきのこが目に飛び込んできました!!!
見たこともないきのこの名前は、「タモギ茸」だそうです。教えていただいた通りに両手でそっとグッと手前に倒すと…気持ちよいほどにガッツリと大きなきのこの株が取れて…あれもこれもとついついいっぱい取ってしまいました!
その香りのよいこと。その美しい金(?)黄(?)色と白い肌!素晴らしいです。感動!!タモギ茸1.JPG

また、その横に目を移すと今度は白い肌に薄茶色の肉厚な「アワビ茸」がもこもことなっています。
今度はそれを…やっぱり手でこそげるように手前に引くと大きな大きな株がガッツリと気持ちよく取れました。

スタッフさんに料理法をお聞きすると、そのどちらも「天ぷらや炒めて…」とのこと。タモギ茸2JPG.JPGアワビ茸.JPG
山ほどのきのこをかごに入れて計ってもらいお支払い。
みずみずしいその美しさに本当に嬉しくなってしまいました。
ずっしりとした重さを手に、今度はレストランへ…。

広い広いレストランの入り口にわんこをつないで中に入るとお客さんは私たち二人だけ。
ちょっと寂しさを感じつつ、メニューを眺め「きのこ定食」を頼みました。
窓からは眼下に伊那市街が一望できる素晴らしい眺めです!
やがて優しいお姉さんが定食膳を持ってきてくださいました。(普段はセルフサービスですが…)
「きのこご飯+きのこ汁(これがまた大量)+きのこのお浸し+お漬物」で¥800。
美味しくて健康的なお食事をお腹いっぱい頂いて…う〜〜ん、もうちょっと変わったものを…ということで、「きのこパン」なるものを更に頂きました。揚げパンでした。
ポルチーニ茸のソフトクリームをめっけ!!!でもお腹いっぱいでもう無理!
残念!次回に乞うご期待です。

続いて1階のお土産やさんへGO!
広い売店入り口で、きのこの看板から顔を出して写真をパチリ!パチリ!
売店では新鮮な山菜をはじめご当地限定の商品がズラリ!
不思議なネーミングの馬肉チップスと巨峰キャラメルなんぞを購入!
そこでお姉様がおまけに何故か美味しい輸入チョコレートを下さいました。
これがまた美味しかった!

次回は賑やかな時に来たいな!!!
ちょっと楽しいきのこ狩り是非皆さんも行ってみては?!
by 女将










posted by 三宜亭本館 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

女将のひとこと

『天空のビアガーデン』

飯田市中心市街地に唯一の「ビアガーデン」OPEN!!

この度、6月1日(木)より当三宜亭本館屋上に「天空のビアガーデン」と銘打って、‟満天の星”や‟飯田市街地の夜景”を楽しみながらビールとBBQが楽しめるビアガーデンがオープンします!

夕方には南アルプスの夕景が、夜には満天の星と夜景が楽しめるスポットです。
夜風に吹かれながら飲むビールは最高です。
是非お越しください。🍺大人お一人様(90分)4,800円(税込)/ お子様(小学3年生以下)2,300円(税込)
食べ放題/飲み放題/温泉入浴付き

※ 完全予約制です 予約番号:080-3088-2707(児島まで)天空のビアガーデン2.jpg
天空のビアガーデン3.jpg
posted by 三宜亭本館 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女将のひとこと

「庭のツツジと藤」
今年もつつじと藤が美しく咲きました!
今年はご多分に漏れず、つつじと藤も他の花々と一緒で…遅くに咲き始めました。
ですが、遅く咲き始めた分、花色が濃くて例年より美しく咲いてくれた気がします。
是非お楽しみください。庭園201705.jpg20170511ツツジ庭園.jpeg

posted by 三宜亭本館 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

女将のひとこと

『天竜峡』

久し振りに「天竜峡」へ行ってきました。
実は自分の実家が天竜峡で…幼少の頃から結婚前まで過ごした場所です。
ですから天竜峡公園は自分の家の庭の様なもので友達と夕方遅くまで探検してよく遊んだものです。

「ツツジ橋」は、いけないと言われても勿論揺らして遊び、本当に山坂越えて登ったり滑り降りたりして、(今なら大変なことになりますが…)結構危険な場所まで行って遊んだ所でした。

ところが、昔は山道という風情の遊歩道でしたが、昨日のそれはどこまでも綺麗に整備されていて安全で気軽に周れる散策道となっていて驚きました。
昨日は家のわんこ🐶を連れて行ったのですが、落ち葉の積もった土のにおいに大喜びでクンクン。
「ツツジ橋」も怖がらずにどんどん歩いていくのでビックリでした!(通常犬はこういった足元の下が透けて見えるところは苦手で動けなくなるものですが…。)私の方が子供時代とは違ってビビっていました。
tenryukyo2.jpg

   眺めは昔と変わらず美しく、改めて感激して帰ってきました。
   こんなに素敵な遊歩道だったら、お客様に胸を張ってお勧めできると確信して帰ってきました。    
                           女将 児島敏子
tenryukyo.jpg
>>続きを読む
posted by 三宜亭本館 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする