2017年01月15日

信濃比叡 写経体験談

三宜亭ブログ読者の皆様こんにちは!
初登場いたします「こんちゃん」です。ヨロ( ^ω^ )

さて、本年から設立された(かもしれない💦)『三宜亭写経部』メンバー3名で、以前女将の一言でも紹介いたしました、信濃比叡 廣拯院 に行ってきました。
目的は勿論「写経」。 面白そうだから行ってみよう❗ のノリで体験して来ましたが...
到着→受付→説明(これが、かなりのボリューム笑)→体験 といった流れになります。

阿智園原の峠に建つ寺に1月という状況を考えて、もちろん超厚着をして参加した訳ですが道場の中は、尼様お心遣いにより常夏並みの暖かさ。よってメンバー1名は爆発汗 大笑

薬師如来様にお参りして般若心経を唱えた後、墨を擦りながら心を落ち着かせて写経開始です。
1時間ほど無言で集中して只ひたすらに書き続ければ完成‼ 
正座の効果で無感覚になった足も完成‼
写経20170111.jpg


「何の為に自分は写経するのか」という理由も書くのですが、その問いには先にご紹介致しましたスーパー尼様が真剣にお答えを下さいます。

日々の生活の中で「何も考えずに自分と向き合う事」は中々出来ないものです。
ここでの体験が人生の分岐点となる方もいらっしゃるそうですので、興味のある方は是非一度お試し下さい。


タグ:写経
posted by 三宜亭本館 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

飯田井伊家と直虎

新年あけましておめでとうございます。
旧年中、皆さまには大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新年といえば新しい大河ドラマが始まりましたね!
今年の大河は「おんな城主 直虎」で女性が主人公です。
直虎は井伊直盛の娘で、直親(亀之丞)と婚約したと言われていますが、生涯未婚で井伊家の当主となりました。

その許嫁だった亀之丞が、落ち延びて20歳までの12年間を過ごした松源寺は飯田市の隣町“高森町”にあります。
当館から車で15〜20分のところにありますので、ぜひお立ち寄りください。
松源寺までのアクセスMAP


また、井伊家といえば桜田門外の変で暗殺された井伊直弼や、徳川四天王に数えられる井伊直政(直虎が養母)が有名ですが、実は飯田にはその井伊家の末裔が“飯田井伊家”として続いております。
公民館報の記事を、井伊さんの許可を得て下記に掲載しますのでご参考にして頂ければ幸いです。


井伊家と直虎

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、遠州井伊谷城の女城主井伊直虎(次郎法師)には亀之丞(のちの井伊直親)という許嫁がいました。
ところが亀之丞は父 井伊直満が今川氏のために殺され、同じく命を狙われたため、遠く離れた信州市田郷の松源寺に逃れ、12年間もの間この地の領主松岡氏の庇護の下で過ごしました。その間 嶋田村(松尾)代官 塩沢権三郎氏の娘と恋仲になり、2人の子供をもうけたと伝えられ、その子孫が私共“飯田井伊家”として続いています。
のちに亀之丞は故郷 井伊谷に帰り、井伊家の当主 井伊直親となりますが、若くして非業の死を遂げます。井伊家滅亡の危機にあたって次郎法師が“井伊直虎”として立ち上がります。
大河ドラマをきっかけにして、伊那谷と遠州との結びつきがますます深まっていくことを期待します。
大横町 井伊徳広

「橋南」第42号 より

現在、飯田の井伊氏は嶋田屋麹店として地元に愛されています。
ここの味噌と甘酒は絶品でオススメです。 甘酒は、古今のブームで遠くのお客様もわざわざお買い求めに足を運ぶようです。
当館から車で5分のところですので、ぜひお土産にどうぞ。
嶋田屋麹店へのアクセスMAP


フロント 児島


posted by 三宜亭本館 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

女将のひとこと

「新年あけましておめでとうございます」

新春を寿ぎ心よりお慶び申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り誠に有難うございました。

本年は酉年、皆で力を合わせて高く高く飛翔できますよう益々良い年になりますよう精進してまいる所存です。

本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

感謝
女将 児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする