2008年09月05日

【女将の一言】 秋のお祭り

お久しぶりです。m(_ _)m。
殊のほか暑く忙しい夏が過ぎ、やっと朝晩は涼風が心地よい季節になって参りました。飯田市でも、正に「天高く・・・」の秋空が広がって、箒雲やうろこ雲がススキのむこうに高く、高く望めます。皆さまお変わりございませんか? 最近のゲリラ豪雨ではあちこちで大きな被害が出て、心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

さて、秋と言えば“お祭り”シーズン到来です。今年ももう飯田市内あちこちの神社で秋祭りが執り行われていますが、過去に雨にあったことがない神社でさえ、軒並み今年は雷雨に遭い、大雨の中もう「やけくそ」で(アラッ悪い言葉で失礼いたしました)、雨雲の中に花火を打ち込んでいたりして・・・本当に気の毒でした。この忙しい時代、明日まで延期なんてことは無理なんですよねぇ。

さて、今週末の9月6日(土)愛宕神社9月13日(土)今宮神社八幡宮神社
最後に 9月20日(土)がここ三宜亭本館横の長姫神社の秋祭りで、それぞれ神輿が出て、もうたくさんの花火が(本当は奉納煙火って言うんですよね)打ち上げられます。

長姫神社の花火はもう目の前で、筒元から打ち上げられるところが見られますから、それはもうすごいど迫力。勿論、音と花火が開くところが同時ですからね。た・だ・し、真上に上がりますからねぇ、少々首が疲れるかしら。寝っころがって見たらいいかしら。まあ、少し移動して長姫神社の鳥居まで行って見られることをお勧めします。そうすれば、神輿と花火との両方を存分に楽しんでいただけますから。
それと、“屋台”! いいですねぇ。まあ、私どもの“ご幼少のみぎり”には、ばあやに手を引かれて夜店の屋台をドキドキしながら覗いたものです。(アハッ「ほんとかよ」と突っ込んだりして)昔懐かし〜い「ハッカパイプ」やら「水風船」、「セルロイドのお面」は言うに及ばず、 最近では何やら夜店も進化しているらしく、いろいろなめずらしいものが増えているようです。童心に帰ってそんな店を覗いてみるのも楽しいものです。お馬鹿になってお酒に溺れているひともいっぱい。神輿を担ぐのではなく“ぶら下がって”いる人もいたりして・・・。はい、それはもうお祭りですから、ハイ! 是非来て、見て、参加すべし!!!

女将:児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック