2009年04月19日

天空の中庭日誌

サクラも散りはて、ハナモモも咲いたと思った矢先、最近の陽気の良さであっという間に終了間近。もうちょっと楽しみたかったのに、ちょっぴり残念バッド(下向き矢印)
でも、三宜亭の中庭の各種花々も負けじと、徐々に色づいて参りました。

ここ2〜3年、中庭の植物の手入れをするのが私の業務、というかむしろ趣味?となっています。
愛情をかけると必ず返してくれる植物の世話をするのは本当に楽しいですし、何よりお客様の目を楽しませることが出来る点が、一番のやりがい!
それに、季節の移り変わりを肌で感じることが出来るのも、またまた魅力です。

当館の中庭はツツジが多いのですが、最近は、なるべく一年を通して常に花が咲いているようにと、色んな植物を植えることを心懸けています。

…とは言っても、やっぱり春は一番の花の季節。
こうしている間にも色んな花が徐々に開いてきて、本当に目が離せません。

まず一番に咲くのは、ボケの花↓
常緑のツツジ中心の庭の中で、赤、というか朱色の花色がとても映えます。

中庭のボケ0904.jpg


そしてユキヤナギ↓
昨年、目立たないところに植わっていたのを二つに株分けし、ラウンジの大窓から見える晴舞台?に移植しました。
こちらも、まだ花の少ない頃に咲くので、お目立ち度満点でするんるん

中庭のユキヤナギ0904.jpg


ツツジの中でも真っ先に咲くうちの一つ、ミツバツツジ↓

中庭のミツバツツジ0904.jpg

ミツバツツジは秋に落葉し、花後に新しい葉が出てきます。
花の時期に葉っぱがない分、枝の先に蛍光ムラサキの花が浮いているように咲いて、艶姿が際立ちます。残念ながら写真の花は終了間際、美しさも半減、ですが…
私の大好きな花の一つです。

〜つづく〜



By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 三宜亭の中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック