2010年02月17日

【女将の一言】 アルプス・サーモン

alps_salmon.jpg今月(2月)から三宜亭本館では、「アルプス・サーモン」を食材として導入する事にしました。

アルプス・サーモンとは…?

レインボートラウト(虹鱒)を両親にもつF1種であり、伊那谷の中央アルプスの麓で、アルプスからの清冽豊富な清流で養殖された魚です。
その身は美しいサーモンピンク色をしていて、本来のサーモン(鮭)と遜色無い美味しい魚です。鱒なのにサーモンと呼ばれる所以です。
大自然の中で、注意深く、人工的な添加物や薬品などは一切使わずに大切に、大切に育てられている魚です。

その味は、甘く脂がのって美味です。刺身にしてよし、カルパッチョにしてよし、ムニエルや焼き魚は勿論、洋風にも和風にもその味を存分に発揮します。
是非ご賞味ください!

女将 児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック