2011年03月02日

【女将の一言】雛祭り

sanninkanjo.jpg今年もお雛様が飾られました。
赤い毛氈(もうせん)のお陰で玄関ラウンジ辺りがパーッと明るくなりました。

毎年の事ですが、ラウンジ係の女の子が一生懸命に飾ってくれました。
その時、事件発生!!
三人官女(さんにんかんじょ)の一人 長柄銚子(ながえちょうし)を飾ろうとした時、その官女を危うく取り落とし、その頭が取れて…ハッ、仕丁(じちょう)の一人、立傘(たてがさ)の頭にごっつん…。幸いにも怪我はなく、官女の頬に少しばかり、男性である仕丁の顔の茶色が付いた程度。見ようによっては「えくぼ」に見えなくもない…。(^_^;;

そんなこんなで、冷や冷やしましたが、無事飾りつけが終わりました。ご来館の折には是非、可愛いお雛様を見てやって下さいませ。
時季の花である桃の花も授かって、側に飾らせていただきました。
後は、「白酒」と「雛あられ」をお供えすれば完璧です!

女将 児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック