2011年04月08日

清秀(せいしゅう)桜の様子

清州桜110407.JPG今日は午後から待望の雨です雨
ここのところずっと乾燥していて火事も多かったので、
ホッと一安心。

桜見物には生憎のお天気でしたが、
今年の飯田の桜の見頃はこれからですので、
お天気が回復したら、皆さん是非お出かけ下さい!

昨日は外出ついでに、
市内の愛宕(あたご)神社に立ち寄り清秀(せいしゅう)桜を見てきました。
他の桜より開花が早めで、ほぼ満開でしたかわいい

以下は桜の前にあった看板の説明文です。↓


飯田市天然記念物
愛宕稲荷神社清秀桜
昭和48年12月25日指定

 清秀桜は、ばら科に属するエドヒガンザクラで、本州・四国・九州の山地に生える落葉高木です。花は三月中旬から下旬、葉の出る前に他の桜より早く咲きます。
 建保年間(1212〜1218年)、飯坂城(愛宕城)跡地に地蔵寺が建てられ、仁治元年(1240年)に清秀法印が植えたと伝えられ、清秀桜と命名され現在に至っています。
 樹高約8mで、枝が6mほど伸びて広がっています。根回りは約7m、目通りは約6mありますが、木の中心から木質部は腐食してしまい、内皮がわずかに残り生命を保っています。
 清秀桜は、エドヒガンザクラとしては花の色が濃いことが特徴の一つであり、樹齢750年以上と飯田市内の桜の中では最も古く愛宕稲荷神社御神木として親しまれ大切にされています。

平成8年6月
飯田市教育委員会

愛宕神社は飯田市役所やりんご並木・飯田動物園のすぐ近くですので、
市内の散策ついでに立ち寄ってみるのもいいですね。




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック