2011年04月11日

隠れた名所?!〜飯沼石段桜〜

長〜〜い石段で有名な飯沼諏訪神社
その石段の両脇に桜の木が連なり美しい光景を楽しむことが出来ますが、地元でも桜の名所としてはそれ程知られていないかもしれません。

当館からは車で10分程のところですが、特に神社の駐車場がないので、なかなかオススメするのが難しいです。JR飯田線の伊那上郷駅からは多分徒歩5分くらいなので、電車で来るという手段もありますね。

今回は竜坂(たつざか)を下って、神社の正面から訪ねてみました。

飯沼石段桜110408-1.jpgだけでなく、右側の濃いピンクは紅梅??
濃淡のコントラストが美しいです。
写真の撮影日は4月8日で、満開までもう少し、といったところでしたので、今日あたりちょうどいいかもしれません。

最初の石段を上って少し進むと、立看板があり、この桜の由来を知ることが出来ます。以下全文↓


沼石段桜の由来

   飯沼諏訪神社は今から約625年前、応永4年に創建され、その参道である見事な石段は約245年前安永5年に築造されたと言われます。その後飯沼竜坂線工事に伴い、明治21年に村人総出で物労両納による大普請で、現在の壮大な300段余の石段が完成されました。その頃この石段の両脇には桜が植えられ、樹齢100年に達しています。
   平成21年4月にこの自然遺産を受け継ぎ育てようと飯沼桜保存会が発足しました。飯田市ムトス地域支援づくりの助成を受け桜のライトアップ工事や、桜の名所づくりが合わせて進められ、桜の名所も「飯沼石段桜」と名付けられました。

平成22年10月  飯沼桜保存会


ふーん、なるほど。
そして視線を前方に向けると、恐ろしい長さの石段が!!

飯沼石段桜110408-2.jpgえ〜〜〜!!これ登るの?!
しばしためらった、いえ桜を観賞したあと、おもむろに石段を登り始めました。300段って…









飯沼石段桜110408-3.jpgしばらくの間黙々と登って下を見ると…
キレイ!!

でも高所恐怖症の人はちょっと怖いかも。







飯沼石段桜110408-4.jpgそして、やっと頂上?に着きました。
本殿にお参りしてから帰ります。
この鳥居の左手に進むと、高陵中学校→上郷黒田の住宅地→伊那上郷駅の方向に抜けられます。
このあたりは高低差があって徒歩ではキツいので、電車&徒歩の場合は、こちらの本殿側から来た方がいいかもしれません。







By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック