2011年04月18日

麻績の里(おみのさと) 舞台桜&石塚桜、それに瑠璃寺の桜

今回は麻績の里の桜のご案内です。

…といっても、訪れたのは実は1週間も前なので…ゴメンナサイ!
桜の見頃はほんの数日、(多分)盛りを過ぎたであろう今頃載せても…とは思うのですが、来年の為?!にもご紹介しておきますね。(最近そんなのばっかり?!)



麻績の舞台桜110411.jpg場所は元善光寺のすぐお隣。

まずは舞台桜(ぶたいざくら)です。(写真1枚目)
この桜は南信唯一で新品種の『半八重枝垂れ紅彼岸桜』。5弁から10弁の花がまじりあって咲きます。



麻績の石塚桜110411.jpgして敷地内にはもう一つの名木、石塚桜も。(写真2枚目)
6世紀後半に造られた古墳の上に植えられています。桜の根元が盛り上がってるの、分かりますか?



それにしても、すっかり春の陽気で外を歩いていても気持ちがいいです。
周りの土手には菜の花も咲いて…
一緒に連れて行った三宜亭の愛犬きなこも嬉しそう晴れ
夢中で散策しています。
きなこと菜の花110411.jpg



このあと、もう少し足を延ばして高森町の瑠璃寺の桜を見に行ってみました。(写真4枚目)
中央道・松川IC方面からだと車15分ほどの場所です。

ここの桜はシダレザクラだそう。
瑠璃寺の桜110411.jpg私達が行った時はまだ5分咲きくらい?
飯田より標高が高いせいか、来る道中の桜もまだこれからといったカンジ。
ほんの少しの距離の違いで、開花時期がこんなに違うことにビックリです。

飯田の桜はもうぼつぼつ終わりなので、これからは駒ヶ根や高遠など、北寄りの桜がまた楽しみですね!




By もっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック