2011年12月10日

【女将の一言】 大祓い

12月5日(本来は毎月6日に月祭りをします)に、「大祓い」をしました。oobarai01.jpgスタッフ全員でラウンジにお祭りしてある大神様にお参りし、神主様にお祓いをして頂いた後、「大祓い」をしました。
「大祓い」とは、一年の邪気を祓い、来る新年を清らかな心と身体で迎える神事です。

先ず、和紙でかたどった“人型”の胸の所に三回息を吹き掛け、その後その人型で体中の悪い所を撫でて、最後に三回またそれに息を吹き掛けて邪気を封じ込め、ねじり捨てます。その後、「切りぐさ」という色紙を小さく切ったものを三回に分けて…左肩から、右肩から、頭から散らし、身体の邪気を清めます。
この時、一切の「切りぐさ」が身体に残らないようによく払い落とします。
皆で行なった後、一切れの「切りぐさ」もそこいら辺に落ちていないように注意して片付け、ひとまとめにして神社のかがり火の所へ収めて終了です(勿論お賽銭を持って参ります…)。
これは、毎年12月の月祭りに行ないます。「大祓い」をし、気持ちも新たに残された今年を大切に充実して過ごし、輝かしい新しい年へ向けて邁進します。

oobarai02.jpg

今年一年間三宜亭本館をご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
来年も私たちは、美味しい料理と清潔さ、滑らかな温泉と温かいサービスの癒しを以って皆さまをお迎えいたします。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

感謝
児島敏子

posted by 三宜亭本館 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック