2012年02月05日

【女将の一言】 節分

今年は寒い!
鬼のお面.jpg

誰に会っても最初の言葉は
『寒いですねぇ〜。』
『半端じゃあない寒さですねぇ。』
『もうかなわん…。』等々

全くそうですね。日本海側は例年の2倍近い雪が降って、3m〜4mの積雪量とか…。
大変な事態があちこちで見られ、今回の豪雪の影響で、全国で61人もの方々が既にお亡くなりになられたとか…。被害にあわれた皆さまには心からお見舞いとお悔やみを申し上げます。

お陰さまでこの飯田地方では大した雪は降らなかったものの、最低温度はマイナス12.2度
流石にこたえました。

そんな寒さの中、2月3日に例年の如く「節分」行事を行ないました。
三宜亭本館の節分はちょっと変わった趣向でして、「鬼は〜外っ!福は〜内っ!」と豆を撒きながら大声で言うのは何処も同じですが、その後に、周りの皆が「ごもっとも〜、ごもっとも〜。」と合いの手を入れるのです。この地方では絶対に無い風習です。
調べてみるに…どうも、先代が“出雲地方”に旅行に行った時、そこで「仕入れてきた?」風習のようですね。ですから三宜亭本館では、何十年来このお囃子というか合いの手をやっています。
最初はなんか恥ずかしく、なかなか言えなかったことを覚えています。そうやって従業員全員で手分けして全館を回り“払い清め”をします。勿論外回りも…です。そして今年一年の無病息災を祈願しつつ「歳の数だけ」炒った豆を食します。
皆さんの地方ではどんな“豆まき”をなさいますか?

女将 児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック