2006年10月29日

飯田城内を歩こう 【山伏丸】

yamabushi-maru.jpg最も東はしの曲輪です。眺めがよく、遠くに伊那山脈と南アルプス(赤石山脈)を望むことができます。現在、我らが三宜亭本館が建っています。
飯田城ができる以前は、このあたりには修験者(山伏)の修行所がありましたが、坂西氏はそれまでいた愛宕城の土地と交換して飯田城を築いたので、「山伏丸」と名付けられたのです。絵図をみると、山伏丸の東に熊野権現がまつられていたことがわかります。また、飯田城が三の丸に拡張される以前は、この曲輪が本丸だったという説もあります。
絵図をみると、入口のわきには番所、中に甲冑や武具をおさめた御蔵(武庫)が建っていました。中央には御用水を引き入れた池があり、周囲は白塀で囲まれていて、裏に裏門、南西と北東の隅に櫓がありました。
堀氏の時代には、毎年正月11日の「具足開き」に、山伏丸の御蔵におさめられた甲冑や武器が、領民に公開されたといわれます。
【飯田城ガイドブックより】
posted by 三宜亭本館 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田城 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック