2006年11月21日

売店からのご案内 〜あま酒〜

amazake.jpg稲垣来三郎匠コーナーに、蔵造りの甘酒が入荷しました!
こちらの商品、個人的にも大のお気に入りなんです。

原材料は白米と米こうじ、そして少量の塩だけ。酒粕を入れない製法なので、実はアルコール分は0パーセント。お子様にも安心ですよね。
さらに、糖分も全く加えていませんので、お米を発酵させた天然の甘味を堪能していただけます。

冷やしても美味しい甘酒ですが、これからの季節はやっぱりホットがおススメ!寒い日にコタツで、温めた甘酒をハフハフ冷ましながら飲むのがオツですね〜。お米が糖化することでたくさんのブドウ糖を含むので、体の中から温まって、風邪予防にも。
コクと深みのある濃厚なおいしさを、是非是非味わってみてください!

担当: もっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(1) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 甘酒甘酒(あまざけ、醴)は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、見た目はどぶろく(濁酒)に類似する白濁液である。古くは「一夜酒(ひとよざけ)」または「醴酒(こさけ、こざけ(「濃い酒」の意))」と呼ばれた。か..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 09:32