2007年03月02日

雛祭り♪

hina.JPG灯りをつけましょボンボリに〜るんるん
今年も雛祭りの季節がやってきました。

雛祭りの歴史は古く、その起源は平安時代までさかのぼると言われています。上流階級の子女の人形あそびと、無病息災を願う、節句の祓いの儀式が次第に結びついて、江戸時代に全国に広まったそうです。

三宜亭本館でも、玄関ロビーにお雛様がお目見えしました。紅い毛せんと小さなお人形達を見ていると、なんだか華やいだ気持ちになりませんか!
じっくり人形をご覧になっているお客様をお見かけすると、苦労して飾った甲斐があったなぁ、と嬉しく思います。(でも片付けはちょっと面倒くさい…)

雛祭りは全国的にも3月3日に行われるのが一般的ですが、ここ飯田地方では和暦(旧暦)の3月3日に近い、4月3日に行います。ですから三宜亭では3月一杯は雛人形を飾っている訳ですが、決して、しまい忘れている訳ではないんですよ〜。お客様みなさま「お嫁に行けなくなるよ!」とお声をかけて下さいますが、心配ご無用、なのでした(笑)。
posted by 三宜亭本館 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック