2007年03月10日

飯田城内を歩こう 【三の丸】

ohtegomon.jpgsannomaru.jpg 銀座通りの東側にあった水堀(北堀・南堀)から、桜丸と出丸に接するまでの広い範囲が三の丸の曲輪でした(追手町1丁目・主税町・常盤町及び追手町2丁目の一部)。現在、商工会館・バスターミナル他、民家や商店などがあります。

城内の入口に建つ追手御門(大手門)を入り石垣の枡形を抜けると、広い御馬場とよぶ通りが真っ直ぐにのび、出丸と桜丸の間にある御広庭の突き当たりに鐘の門(出丸御門・三ノ門)が建っていました。この通りに平行して南裏町(現・常盤町)と北裏町(現・主税町)があり、あわせて「城内三筋(じょうないみすじ)」と呼ばれました。

三の丸には、主に上中級の飯田藩士の屋敷がありました。中通の中央南側(現在の商工会館付近)には、藩士が集まって話し合う会所がありましたが、1869年(明治2)に文武講習所(文武学校)という藩校となりました(1871年12月に追手町小学校の前身にあたる飯田町立校となる)。

追手御門の南側には、石垣の上に太鼓櫓が建ち、北側には八間蔵(武器庫・わら置場・牢屋として使用)と呼ぶ大きな蔵と、その隣りに馬屋が建ち、北裏町北側にも御内馬場(桜馬場)と呼ばれる乗馬の練習場がありました。

北堀の北はしには不明門(あかずのもん:松尾口御門)が建ち、その近くには2階建ての櫓がありました。また、その東側に建つ北口御門を出ると、御成道(おなりみち)と呼ばれた小道が馬場町へと続いていました。

【飯田城ガイドブックより】
posted by 三宜亭本館 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田城 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック