2007年04月17日

五月人形お目見え!

tango.jpgお雛様を片付け終わってほっとしたのも束の間。桜の花も散り始めるともう、端午の節句が近づいてまいります。
気合を入れて、倉庫から兜やら人形やら全部出して飾ったら… 三宜亭のロビーが人形センターになりましたるんるん
なんだかすごい数の人形たちです…あせあせ(飛び散る汗)

この辺りでは、お雛様の桃の節句と同様、月遅れの6月5日に祝う家庭もあれば、やはり子供の日の5月5日にお祝いする家庭も多いようです。せっかく苦労して出したのだから、6月まで飾ってしっかり元(?)を取らねば!
三宜亭では月遅れを採択しようと、改めて思うスタッフ面々…たらーっ(汗)

ゴールデンウィークに向けてのこの時期は、初節句のお祝いで当館にお越しくださるお客様も多くなります。記念撮影をするご家族連れや、人形に見入っているお子様をお見かけすると、雛人形同様、やっぱり飾って良かったなぁって密かに嬉しく思いマス。
現在は住宅事情も考慮して、初節句に沢山のケース人形が届けられるという家庭は少なくなっているようですので、ズラっと並んだ人形を見られるのも、珍しいかもしれません。
よく見ると、金太郎、牛若丸、弁慶は二人ずついたりして・・・かぶってる!
でもそれぞれに表情が違っていて、じっくり見てみるのも楽しいものです。

端午の節句は、もともと邪気を払い健康を祈願する日で、三世紀頃の中国が起源と言われていますが、詳細は明らかでないようです。
端午の「」は文字通り「はじ・最初」の意味で、「」は「うま」。
旧暦では午の月は5月にあたります。つまり端午とは、5月の最初の午の日に行われると言う意味です。最初は必ずしも5月5日ではなかったようですが、午と五のゴロが同じことからこの行事は、やがて5が重なる重五の日、つまり5月5日に大切な厄払いの日として定着します。
古代中国では、端午の節句の日に人々は蘭の湯に浸かり、薬草である菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に日本の宮中から鎌倉の武家社会へと拡がります。特に武士は菖蒲を「尚武=武をたっとぶ」とかけて、5月5日を尚武の節目の行事とし、盛んに端午の節句を祝うようになり、やがてそれが庶民にも広まっていったそうです。だから菖蒲の節句とも言われるんですね。

ブログ記事の執筆のおかげで、ひとつ賢くなった、もっちゃんなのでしたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

参照:雛祭り子供の日.com / Wikipedia
posted by 三宜亭本館 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック