2007年10月01日

【女将の一言】 栗

つい3〜4日前まであんなに暑い暑いと言っていたのに、昨日からの寒さは何としたことでしょうね。
といっても、これが本来の陽気なんでしょうけど。

やっと、『天高く馬肥ゆる秋―――っ・・』という気候になってきました。山付けでは、既にもみじも紅葉を始めました。
そして、里ではクリが実り始め、あちこちでイガから栗の実が顔を出し始めました。勿論田んぼの稲穂は頭を垂れ豊かな黄金色に輝いています。

そうなってくるといよいよ秋の味覚のシーズン到来です。
葡萄・梨・りんごと美味しい果樹に事欠かないのは伊那谷のありがたいところです。

ところで、ご存知ですか?「今年は栗の出来が良い!」ということを・・・。
実は、老舗のお菓子屋さんに伺ったところ『今年は例年に無く栗の出来が良い。』とのことです。そこでこの時季限定の生栗を使った『栗蒸し羊羹』登場です!飯田老舗和菓子名店の“和泉庄”さんの新作「栗蒸し羊羹」(10月初旬から11月中旬まで)。上品な味わい深いパッケージを開くと、中には3つに個別包装された蒸し羊羹が・・・。少人数の家庭でもその度に新鮮な栗の風味が楽しめる親切な体裁。その何処を切っても栗が必ず入っている心使い。そして、その味わいはと言うと、甘すぎないもっちりとした蒸し羊羹と生の栗の風味が口いっぱいに広がる醍醐味。思わず「秋ですねぇー。」とにんまり。

もう一つは、栗といえばこれ『栗きんとん』。
茶巾に絞られた栗100%のきんとん。有名店は丹波・中津川など全国各地にありますが、私の個人的見解、独断と偏見で一押しは、勿論“和泉庄”さんの『栗きんとん』。しっとりもっちり、くり、くり、栗。全国各地にあるとはいえ、これは天下一品。私たちが子供のころから(うん十年も前から・・・)この味この風味変わりなく誠実に受け継がれてきた味です。紅葉を眺めながら『 パクッ 』これはもう食べて見るしかないでしょう!さあ、急いで急いで、生栗が無くなったらお終いですよー。

女将: 児島敏子
posted by 三宜亭本館 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック