2008年03月09日

飯田城と織豊系城郭プラン

【飯田城】城の縄張り飯田城は、各曲輪の入口に枡形がつくられています。枡形には、曲輪の外にある「外枡形」と、内にある「内枡形」の二種類がありますが、飯田城では、二の丸・出丸・本丸への入口が外枡形であるのに対して、城内(三の丸)への入口にあたる追手門・不明門は内枡形、また城下町への出入口3ヶ所(伝馬町・土井・箕瀬)内枡形でした。
こうした曲輪と枡形が発達した形は、織田信長・豊臣秀吉によってつくりあげられた“織豊系(しょくほうけい)城郭プラン”の特徴です。特に三の丸の鐘の門から二の丸御門にいたる間や、二の丸から本丸御門にいたる間のように、外枡形が連続する形は文禄・慶長の役(1592・1597年)以降の特徴といわれています。飯田城はその典型といってよいでしょう。【飯田城】城の出入口の種類
posted by 三宜亭本館 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田城 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック