2011年04月18日

麻績の里(おみのさと) 舞台桜&石塚桜、それに瑠璃寺の桜

今回は麻績の里の桜のご案内です。

…といっても、訪れたのは実は1週間も前なので…ゴメンナサイ!
桜の見頃はほんの数日、(多分)盛りを過ぎたであろう今頃載せても…とは思うのですが、来年の為?!にもご紹介しておきますね。(最近そんなのばっかり?!)



麻績の舞台桜110411.jpg場所は元善光寺のすぐお隣。

まずは舞台桜(ぶたいざくら)です。(写真1枚目)
この桜は南信唯一で新品種の『半八重枝垂れ紅彼岸桜』。5弁から10弁の花がまじりあって咲きます。



麻績の石塚桜110411.jpgして敷地内にはもう一つの名木、石塚桜も。(写真2枚目)
6世紀後半に造られた古墳の上に植えられています。桜の根元が盛り上がってるの、分かりますか?



それにしても、すっかり春の陽気で外を歩いていても気持ちがいいです。
周りの土手には菜の花も咲いて…
一緒に連れて行った三宜亭の愛犬きなこも嬉しそう晴れ
夢中で散策しています。
きなこと菜の花110411.jpg



このあと、もう少し足を延ばして高森町の瑠璃寺の桜を見に行ってみました。(写真4枚目)
中央道・松川IC方面からだと車15分ほどの場所です。

ここの桜はシダレザクラだそう。
瑠璃寺の桜110411.jpg私達が行った時はまだ5分咲きくらい?
飯田より標高が高いせいか、来る道中の桜もまだこれからといったカンジ。
ほんの少しの距離の違いで、開花時期がこんなに違うことにビックリです。

飯田の桜はもうぼつぼつ終わりなので、これからは駒ヶ根や高遠など、北寄りの桜がまた楽しみですね!




By もっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

黄梅院(おうばいいん)の枝垂れ桜

黄梅院110412.jpg黄梅院は、正永寺http://sangitei.seesaa.net/article/195862288.htmlからほんの2分ほどのところ。狭い路地を入っていくので少し分かりにくいですが、少し開けた駐車場の先に大きな桜が見えるので、直ぐに分かると思います。

この地図の5番です↓
http://sangitei.seesaa.net/article/195848120.html


このあたりのお寺には正永寺や専照寺など、境内に桜の名木があるお寺が多いのですが、なぜか皆シダレザクラです。
その中でも黄梅院の桜は、花の色が濃く見える気がします。

以下は桜の前の看板の説明文です↓

黄梅院(おうばいいん)のシダレザクラ

品種 シダレザクラ  樹齢推定400年
目通り周囲5.1m  樹高16m

古枝に代わって更新された枝は形のよい樹冠をつくり、紅梅を思わせるような赤みの濃い花をつける名木である。曹洞宗(そうとうしゅう)青松山(せいしょうざん)黄梅院の境内にあり、往古島田村(現飯田市松尾)に開基され天正10年(1582)現在地に移され、その頃植栽されたと推定される。

飯田観光協会


写真は4月12日の撮影です。今日現在は盛りを過ぎてしまっているかもしれませんね。
夕暮れ時に撮った写真なので、分かりにくくてごめんなさい!
実物はもっとキレイですよexclamation




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正永寺の枝垂れ桜

正永寺110412.jpg正永寺の桜を見てきました。
当館からは徒歩10〜15分程。
この地図の5番です↓
http://sangitei.seesaa.net/article/195848120.html



以下は桜の前の看板の説明文です↓


正永寺(しょうえいじ)のシダレザクラ

品種 シダレザクラ 樹齢推定400年
目通り周囲3.4m 樹高7m

古木の片側だけに張り出した枝に満開に咲く花は、天空から大瀑布が流れ落ちる様を思わせる。曹洞宗円悟山正永寺の境内にあり、当寺の開創は応永15年(1408)城主坂西由政(ばんざいよしまさ)の開基で、その後文禄3年(1594)現在地に移され、その頃植栽されたと推定される。

飯田観光協会


以前よりだいぶ木が弱ってしまったそうですが、風情のある姿です。



By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

飯田市内散歩マップ

★飯田市内散歩マップ.jpgまちなかインフォメーション飯田市内散歩マップを頂きました。

この地図には、最近ブログでもご案内している市内の桜の名所をはじめ、三宜亭から徒歩圏内くらいの観光名所が載っております。市内散策の際にお役に立つと思います。

市内の案内所では、この地図の他にも各種観光パンフレットを取り揃えており、皆様のご相談にものって頂けますので、お気軽に訪ねて見て下さいね。

飯田駅観光案内所(TEL0265-52-2946)…飯田駅構内
まちなかインフォメーション(TEL0265-22-4851)…川本喜八郎人形美術館の1階




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

安富(やすとみ)桜

安富桜110409.jpg飯田で多分一番有名な桜は、この安富桜
飯田市立美術博物館の敷地内にあります。

当館からは、徒歩でほんの2〜3分のところ。
四方八方の天空に枝を伸ばす堂々たる姿、今の時期はその枝先まで溢れんばかりに桜がてんこ盛りで、離れた場所からでもすぐに分かります。
本当に、是非一度間近でご覧になってみて下さい。

以下は、桜の前にある看板の説明文です↓

安富桜110410.jpg長野県天然記念物
長姫(おさひめ)のエドヒガン(安富(やすとみ)桜)

品種 エドヒガン 樹齢推定450年以上
目通り周囲6.4m 樹高10m

幹と根張りが雄々しく均整のとれた樹形は古木の風格をもち、エドヒガンの特性がよく現れ県下の名木である。俗に安富桜と呼称されるのはこの地が飯田城主代々の家老安富氏の邸址であったためであり、初代藩主堀親昌入部寛文12年(1672)の時植栽されたものと推定される。

飯田観光協会


夜間はライトアップされています。(PM6:30〜8:30)


更に、飯田市美術博物館では夜桜開館と銘打って、安富桜のライトアップに合わせて特別に夜間開館されます。
期間:4月9日(土)〜4月15日(金)
時間:PM5:00〜8:30(入館終了PM8:00)
料金:なんと無料!
常設展示のみ観覧可能
(里山のスライドショー・座光寺の獅子舞の上映・星空観察会も行われる)

館内では安富桜のハガキも販売されています。(¥50)
記念にいかがですか?




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

桜丸の夫婦桜(めおとざくら)

夫婦桜110409.jpg引き続き近隣の桜の名木のご紹介です。

夫婦桜は当館から徒歩で約5分。
ちょっと分かりにくいのですが、飯田市立図書館の裏手、長野県合同庁舎のお隣、というか敷地内にあります。

以下、桜の前の看板の説明文です↓


桜丸御殿址(さくらまるごてんあと)のヒガンザクラ

品種 エドヒガン、シダレザクラ
樹齢推定400年 根元周囲8.2m 樹高12m

一本にも見えるがエドヒガンとシダレザクラが合体しており、あたかも一本の木が花を咲き分けているようである。この地には飯田城本丸御殿の別棟として桜丸御殿が建てられ、庭園には藩主脇坂氏時代(1615〜1672年)多くの桜が植栽され御殿名の呼称となった。この桜はその名残をとどめる名木である。

飯田観光協会


二本の桜が根元で合体しているので、通称夫婦桜、なんですね。
エドヒガンとシダレとで種類が違うので、とっても不思議なのですが、風情のある桜です。

夜はライトアップされます。
近くには同じく飯田城を偲ばせる『赤門』も残っていますので、是非訪ねてみて下さい。




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

隠れた名所?!〜飯沼石段桜〜

長〜〜い石段で有名な飯沼諏訪神社
その石段の両脇に桜の木が連なり美しい光景を楽しむことが出来ますが、地元でも桜の名所としてはそれ程知られていないかもしれません。

当館からは車で10分程のところですが、特に神社の駐車場がないので、なかなかオススメするのが難しいです。JR飯田線の伊那上郷駅からは多分徒歩5分くらいなので、電車で来るという手段もありますね。

今回は竜坂(たつざか)を下って、神社の正面から訪ねてみました。

飯沼石段桜110408-1.jpgだけでなく、右側の濃いピンクは紅梅??
濃淡のコントラストが美しいです。
写真の撮影日は4月8日で、満開までもう少し、といったところでしたので、今日あたりちょうどいいかもしれません。

最初の石段を上って少し進むと、立看板があり、この桜の由来を知ることが出来ます。以下全文↓


沼石段桜の由来

   飯沼諏訪神社は今から約625年前、応永4年に創建され、その参道である見事な石段は約245年前安永5年に築造されたと言われます。その後飯沼竜坂線工事に伴い、明治21年に村人総出で物労両納による大普請で、現在の壮大な300段余の石段が完成されました。その頃この石段の両脇には桜が植えられ、樹齢100年に達しています。
   平成21年4月にこの自然遺産を受け継ぎ育てようと飯沼桜保存会が発足しました。飯田市ムトス地域支援づくりの助成を受け桜のライトアップ工事や、桜の名所づくりが合わせて進められ、桜の名所も「飯沼石段桜」と名付けられました。

平成22年10月  飯沼桜保存会


ふーん、なるほど。
そして視線を前方に向けると、恐ろしい長さの石段が!!

飯沼石段桜110408-2.jpgえ〜〜〜!!これ登るの?!
しばしためらった、いえ桜を観賞したあと、おもむろに石段を登り始めました。300段って…









飯沼石段桜110408-3.jpgしばらくの間黙々と登って下を見ると…
キレイ!!

でも高所恐怖症の人はちょっと怖いかも。







飯沼石段桜110408-4.jpgそして、やっと頂上?に着きました。
本殿にお参りしてから帰ります。
この鳥居の左手に進むと、高陵中学校→上郷黒田の住宅地→伊那上郷駅の方向に抜けられます。
このあたりは高低差があって徒歩ではキツいので、電車&徒歩の場合は、こちらの本殿側から来た方がいいかもしれません。







By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

町中、桜で一杯です!〜大宮の桜並木〜

大宮の桜並木110410.JPG一昨日の雨は昨日の午後には止み、本日は朝から快晴!

今日は統一地方選挙を始め、各地で行事・イベントの多い一日。
そんな春の日曜にふさわしいお天気となりました。

私も、午後から表千家のお茶会に出かけました。
お道具・お菓子も、“”や“”を意識したものが多く、
そんなところからも、うららかな季節を感じたり…

帰り道、遠回りをして大宮の桜並木を通ってみました。
三宜亭からは、歩いて10〜15分くらいの距離でしょうか。
この桜並木は、飯田動物園を起点とする飯田市のシンボルりんご並木からそのまま延長して市街地を横断し、端の大宮神社までおよそ400m続きます。
飯田大火後に植えられた樹齢約60年のソメイヨシノが150本ほどあるそうです。

ところどころ品種の違う桜が植えられているからでしょうか、比較的長い期間美しい桜を観賞できるように思います。
それでも、多分今日あたりが満開で気候もよく、一番の見頃だったかもしれません。
桜見物の方が本当に大勢!
(安富桜をはじめ、他の桜の名所でも、今日は沢山の人を見かけました)

桜のトンネルを見上げながら歩く方。カメラ片手にベストポジションを探る方。手をつないで笑って歩く家族連れの方。
皆さん、思い思いに楽しんでおられました。

夜間はライトアップされますので、また趣を変えてこれまたオススメですヨ!


参照:パンフレット『桜守の旅』 南信州観光公社・飯田市
       『飯田で桜開花』YOMIURI ONLINE
       http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20110406-OYT8T01086.htm








By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

清秀(せいしゅう)桜の様子

清州桜110407.JPG今日は午後から待望の雨です雨
ここのところずっと乾燥していて火事も多かったので、
ホッと一安心。

桜見物には生憎のお天気でしたが、
今年の飯田の桜の見頃はこれからですので、
お天気が回復したら、皆さん是非お出かけ下さい!

昨日は外出ついでに、
市内の愛宕(あたご)神社に立ち寄り清秀(せいしゅう)桜を見てきました。
他の桜より開花が早めで、ほぼ満開でしたかわいい

以下は桜の前にあった看板の説明文です。↓


飯田市天然記念物
愛宕稲荷神社清秀桜
昭和48年12月25日指定

 清秀桜は、ばら科に属するエドヒガンザクラで、本州・四国・九州の山地に生える落葉高木です。花は三月中旬から下旬、葉の出る前に他の桜より早く咲きます。
 建保年間(1212〜1218年)、飯坂城(愛宕城)跡地に地蔵寺が建てられ、仁治元年(1240年)に清秀法印が植えたと伝えられ、清秀桜と命名され現在に至っています。
 樹高約8mで、枝が6mほど伸びて広がっています。根回りは約7m、目通りは約6mありますが、木の中心から木質部は腐食してしまい、内皮がわずかに残り生命を保っています。
 清秀桜は、エドヒガンザクラとしては花の色が濃いことが特徴の一つであり、樹齢750年以上と飯田市内の桜の中では最も古く愛宕稲荷神社御神木として親しまれ大切にされています。

平成8年6月
飯田市教育委員会

愛宕神社は飯田市役所やりんご並木・飯田動物園のすぐ近くですので、
市内の散策ついでに立ち寄ってみるのもいいですね。




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

長姫神社の桜

長姫神社の桜110406.jpg3月中ずっと寒い日が続いたので、
今年はの開花が少し遅めだなぁ〜と思っていたのですが、
ここ数日の暖かさで一気に開いてきました!

写真は当館のすぐお隣の、長姫神社の境内の桜です。

飯田は桜の名所が多い場所なので、今が本当に楽しみな時期。
ここのところずっと晴天が続いていて
桜見物にはもってこいなのですが、
長姫神社の桜2.jpg雨が降るなら桜を散らす前、今のうちに降って欲しいもの。



長姫神社の更にそのお隣の飯田市美術博物館の敷地内には、
有名な安富桜もあります。

こちらはまだやっと開き始めたばかり。
樹形の美しい大木で、一見の価値アリです!

当館から歩いてすぐですので、是非立ち寄ってみて下さいね。




By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

【女将の一言】 桜咲く

お練りまつりが終わった途端に、冷たい雨が降ってきました。驚きですねぇ。
皆の気持ちが天に通じていたのでしょうか…不思議なくらいでした。

お練り前からの暖かい気候は、例年より10日も早く桜の開花を迎えさせ、4月の入学式が葉桜になってしまうのではないかしら(?)と心配しています。
安富桜0329.jpg

そんな中、当館となりの飯田市美術博物館にある江戸彼岸安富桜は、毎年のことながらその足元にある黄色の三茱萸(さんしゅゆ)の花と熊笹の緑とのコントラストも美しく、八分ほど咲き始めました。
この桜木は1本の大木であり、痛んだところもなく、そのバランスの取れた美しい形状は、日本広と言へども「一本の木の美しさ」では他に類を見ない「日本一の桜」だそうです。「飯田市の宝」といっても過言ではないと思います。その花色は濃いピンクで昼間のみならずライトアップされた夜桜もまた見ごたえのあるものです。

他にも長姫神社の境内脇にある、彼岸桜江戸彼岸桜も同じように八分咲きで、濃い花色は吉野桜とは違った趣をかもし出しています。
当館の玄関先と温泉大浴場の露天風呂から見える桜もそれぞれ五分咲きになってきました。

飯田の丘の上一帯が桃色に染まるのももう間近です。飯田の桜をご堪能くださいね。

女将 児島 敏子

posted by 三宜亭本館 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

黄梅院のシダレザクラ 〜三宜亭周辺さくら情報2009 その5〜

黄梅院.jpg土曜日の雨で、桜が散ってしまうのではと心配しましたが、まだまだ大丈夫な名所もぴかぴか(新しい)

日中はなかなか見に行けないので、仕事が終わったあときなこ(三宜亭の愛犬)と一緒に桜見物に行ってみました。

黄梅院は、当館から車だと5分程、歩いても15分くらいのところにあります。
市内の桜の名所は、大抵夜間はライトアップされていますので、夜桜見物もバッチリ!
私以外にも、見物の方が沢山みえました。

写真ではよく分かりませんが、黄梅院のシダレザクラは通常より赤みが濃く、一瞬紅梅を思わせます。
樹齢は推定400年。地上まで下がった枝からは、桜の花がこぼれ落ちるように咲いて、それは美しいものです。

黄梅院には観光用の駐車場はありませんが、近くのキラヤさん(スーパー)の横の橋北臨時駐車場に駐車してOKなようです。(AM9:00〜PM9:00)

是非、今のうちにご覧下さい。



By もっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

『いいだ桜めぐり』 〜三宜亭周辺さくら情報2009 その4〜

「飯田は有名な桜が沢山あるみたいだけど、どうまわったらいいのかよく分からない!!」という方には、ジャンボタクシーで桜守と行く、『いいだ桜めぐり』がオススメ!

桜ガイドが、その時期一番良い桜をご案内します。
3百年をこえる歴史を知ることで、桜の美しさがさらに心にしみることでしょう。

毎年好評頂いているこのコース、詳細は、以下ご覧下さい。

   
◇ 運行期間
  3月30日(月)〜4月6日(月) 安心のジャンボタクシーです!
   (注)運行期間は桜の開花状況により変更する場合があります。

◇ 乗車場所
  JR飯田駅前観光案内所前

◇ 時刻表      
(2時間コース/2名から催行)
   ●第1便:         10:00出発 ⇒ 12:00到着
   ●第2便:         15:00出発 ⇒ 17:00到着
      ●夜桜特別便:  19:00出発 ⇒ 21:00到着  
             《4月3日(金)・4月4日(土)の二日間のみ》          
       ※ 出発時刻10分前にはご集合ください。

◇ 料金         お一人様 ¥2,800(当日現地で係員が集金)

◇ 予約受付  完全予約制。出発時刻2時間前まで予約可能です。

★お申し込み・お問い合わせは
   南信州観光公社TEL:0265-28-1747 FAX:0265-28-1748まで
   (情報提供:飯田観光協会)
posted by 三宜亭本館 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

桜の王者★安富桜 〜三宜亭周辺さくら情報2009 その3〜

安富桜2009.jpg飯田市街地には桜の名木が数多くありますが、王者はやっぱり安富桜(やすとみざくら)ではないかと思います。

安富桜は三宜亭のすぐお隣の飯田美術博物館の敷地内にある、エドヒガンの巨木で、すごく大きい!
でも大きいだけではなくて、姿が優美!なのです。


※安富桜について詳しく説明した過去の記事は、こちらです↓
http://sangitei.seesaa.net/article/90240092.html

http://sangitei.seesaa.net/article/89910213.html


新聞で、今が丁度満開と紹介されていました。
写真は2日前のものなので、今現在はもっと開いていると思います。

今年は少し花の色が薄いような気もしますが…十分美しいです。
手前にある、サンシュユ(山茱萸)とのコラボが素敵るんるん
今のうちに、是非見物にお出かけ下さい。


By もっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

桜丸御殿址の夫婦桜 〜三宜亭周辺さくら情報2009 その2〜

夫婦桜2009.jpg桜丸御殿址夫婦桜(めおとざくら)は、当館から徒歩で5分ほど。
県の合同庁舎の横にあります。

この場所には飯田城本丸御殿の別棟が建てられました。
藩主脇坂氏の時代(1615〜1672)に、庭園に多くの桜が植えられ、桜丸御殿の呼称となったそう。この桜はその名残をとどめる名木です。

樹齢推定400年。
一本のように見えますが、エドヒガンシダレザクラが仲良く根元で合体しています。
だからきっと、夫婦桜って呼ばれているのでしょうね。

夫婦桜は比較的開花が早く、もう満開です。
夜は、ライトアップされていて幻想的な雰囲気♪

皆さん、是非今のうちに見ておいて下さいね。

(参考:飯田観光協会立札)



By もっちゃん





posted by 三宜亭本館 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

たいへんです!! 〜三宜亭周辺さくら情報2009 その1〜

本館と桜.jpgこのところの暖かさで、早いは一気に咲き始めてしまいました。

当館横の桜も、日当りが良いのと、品種でしょうか、
大分開いてきてしまいました。(写真→)

皆さん、お花見の予定は早めにたててくださいね!


By もっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

桜ネタ、再び…

露天風呂からの桜.jpg一昨日の雨で、市街地の桜は大分散ってしまいましたバッド(下向き矢印)

でも!大宮の桜並木はまだまだ見られるそう。

そういえば先日の夜、桜並木を車で通りかかったら、桜の木の下でワインを飲む10人程の男女が。
楽しそうで、羨ましかったです〜。

少し遠くなりますが、阿智の駒つなぎの桜(源 義経が奥州に下る際、馬をつないだと言われています)や、有名な高遠の桜はこれからだそうです。

そういえば、天空の城の周りにもいくつか桜の木があるんですよ。
写真は当館の露天風呂からの眺めです。(撮影は数日前です)

お風呂に入りながらお花見も、なかなか優雅ですよ〜ぴかぴか(新しい)



Byもっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

大宮の桜並木

大宮の桜並木.jpg

出かけた帰りに桜でも見ようと、大宮通りに寄ってみました

この道は、飯田市外の外れの大宮神社から街の中心部に向かって垂直に伸びており、途中からは有名なりんご並木へと繋がっています。

約400m続く道の中心には桜が植えられており、
満開になると桜のボリュームに圧倒されそう。
色んな品種の桜が植えられているので、長い間その美しさが楽しめるのもポイント。
桜のトンネルをくぐりながら、花や枝の違いを見上げて観察してみるのも楽しいかも。

今ちょうど満開で見頃なのですが、今日は残念ながらの雨。
でも、濡れた路面にピンク色が映って、桜は霧雨にけぶっていて、それはそれでキレイかも。

大宮の桜並木の周辺には、専照寺・正永寺・黄梅院の枝垂れ桜等の有名ドコロが歩いていける距離にあるので、桜見物にはホントにオススメです。

桜がまだ咲いているあいだに行けたら…またレポートしますね!


Byもっちゃん

posted by 三宜亭本館 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

いま、満開です!

yasutomi.jpg先日からご紹介している安富桜をはじめとする飯田市内の桜は、
ちょうど今満開の時期をむかえています♪

週末、良いお天気になり本当に良かったですね。

でも、明日から雨になっちゃうみたいですもうやだ〜(悲しい顔)

桜見物がまだの方、是非お早めにどうぞ!


Byもっちゃん
posted by 三宜亭本館 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

【女将の一言】 桜便りNO.2

飯田市には数々の名桜と呼ばれる桜木があります。三宜亭本館横の飯田市美術博物館には樹齢450年のエドヒガンの『安富桜』があり、一本の木でこれほど雄大で優美な形をした桜は日本広といえども、他にないとさえ言われています。他にも『正永寺の枝垂れ桜』・『黄梅院の枝垂れ桜』・『専照寺の枝垂れ桜』など本当に素晴らしい個性的な桜が沢山あり、見るたびに感動を覚えます。
また、りんご並木につづく『大宮通りの桜並木』はソメイヨシノの古木が連綿と続き、文字通りピンク色の桜のトンネルになり息を呑む美しさです。

◇この地方にも『桜守』と呼ばれる桜を守る方々がいます。その方のことばをご紹介しましょう。
桜守が語る飯田の桜

南信州の魅力的な桜の名木を多くの人たちにわかってもらい、守り育て後世に伝える活動をしています。好きでやってる、桜のためならなんでも一所懸命です。桜は350品種、飯田には66品種、その他に見たこともない桜につきあたると悩んじゃいますね。遠くで見ていて近くで見ていない。そこが日本人の桜の見方。近づいてみると桜の語りかけてくる言葉が聞こえそうになるんですよ不思議と。
古い木は人をうならせる魅力がある。例えば安富桜を咲いていない時に見ても樹力があるじゃない。一番飯田で樹力がある。でも一番好きかって言われると・・・みんな好きです。「桜」とつくものは桜餅でも好きです。色で言えば黄梅院の桜がいちばん。誰が見ても納得する。意外といいのが大瀬木の増泉寺の桜。その他にも飯田にはたくさんの古い桜はあるんですよ。逆にいうとまだ掘り起こせる宝物があるということ。古い桜を守るのも大切だけど、これからの桜も育てないとね。
日本人は特殊な桜感情を持っているけど、それが花の時期だけになってしまうので、愛を持って桜に接してほしいですね。

(情報提供:飯田観光協会)

う〜ん、さすが味のあるお言葉です。桜を愛するお気持ちが伝わってきます。仰っていること分かる気がします。
今年はそんなところも踏まえて桜観賞をしてみたいですね。

女将
posted by 三宜亭本館 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 近隣の桜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。