2006年10月14日

江戸時代の飯田城

1601年(慶長6)、関ヶ原の戦いで天下をおさめた徳川家康は、江戸幕府を開きました。幕府は、全国の大名を親藩・譜代と外様に分けて配置し、幕府直轄地(天領)には旗本や代官をおきました。1615年(元和元)には一国一城令を出して、各領主の城は居城となる一つだけとし、他の城は全て取り壊しをさせました。信濃国で居城をもつことが許されたのは、8人の大名でした。松代藩の松代城(長野市)、上田藩の上田城(上田市)、松本藩の松本城(松本市)、諏訪藩の高島城(諏訪市)、高遠藩の高遠城(伊那市)などです。当然飯田下伊那地方における城は、飯田藩の飯田城だけとなりました。

江戸時代は、1601年(慶長6)小笠原秀政に飯田城主を命じました。秀政は1613年(慶長18)まで12年間にわたって5万石を領し、飯田城の整備につとめました。

この秀政が松本へ移されると、しばらくは幕府が管理しますが、1617年(元和3)に脇坂安元が伊予大洲(愛媛県大洲市)から飯田城へ入りました。安元は文武両道にすぐれた名君で、武家第一の文化人としても知られており、今日、文化都市といわれる飯田の基盤は、彼によって築かれたとさえ言われます。脇坂氏が治めたのは、その養子安政までの2代55年間で、領地は5万5千石でした(うち5千石は上総国)。城下町をとりまく惣堀(外堀)が完成したのは、このころだったと言われています(別に小笠原氏時代の説がある)。正保年間に伝馬町の先に桜町ができ、城下町が拡大しました。

1672年(寛文12)、播磨竜野(兵庫県竜野市)へ国替えになった脇坂氏にかわって、下野烏山(栃木県烏山町)から堀親昌が飯田城に入り、それから1871年(明治4)まで12代にわたって堀氏が藩主となりました。堀氏はたった2万石前後の外様大名でしたが、産業の振興につとめました。伊那街道・三州街道・秋葉街道が交わる交通の要であった飯田は、馬の背に荷物をつけて物を運ぶ中馬(ちゅうま)の発達とともに、商工業都市として繁栄しました。

城下町には、幕府領の山林(榑木山)を管理する久々利(岐阜県可児市)の旗本(兼尾張徳川家重臣)千村氏が、代官所「飯田役所」(千村代官所)をおいていたことも、飯田の重要性を一層高めていました。天領や諸藩・旗本の領地が複雑に入り組む中にあって、飯田は中核的な役割を果たしてきたのです。

【飯田城ガイドブックより】
posted by 三宜亭本館 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田城 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック