2007年03月11日

飯田城内を歩こう 【水の手番所】

mizunote.jpg本丸の南下にある県営住宅の西側にあった番所です(水の手町)。三方には石垣を高く積み上げ、外側に上の堀と呼ばれる水堀がありました。番所の東端に門があって、水堀に木橋がかけられ、また水堀の外側には杉の大木が並んでいました。

本丸の水汲門から少し下りたところに、本丸の井戸が枯れたり戦のときに使う、隠し井戸がありました。この番所はその井戸を守るためのものであったといわれますが、本丸そのものの守りでもあったのでしょう。

【飯田城ガイドブックより】


posted by 三宜亭本館 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田城 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。